若者のホームレス化!女性も?他人事ではないから困った話なんです。対応策は?

シェアする

pc

スポンサーリンク

二極化って言う言葉を多くの人が知ってると思いますが実はバブルの時代が400兆円ぐらい、2014年が約525兆円。

それなのに普通の生活が出来ない人がどんどん増えているようです。

「逆にお金はもういらない」

と言う人もどんどん増えているようです。

恐るべき二極化です。

ライブドアニュースに書かれていました。まずは読んでみて下さい。

『若者ホームレス白書』という冊子を、ご存知だろうか。2010年12月に公開され、2012年4月には第二弾も作成された。無料で配布されており、インターネット上で読むこともできる。

http://www.bigissue.or.jp/program/index.html

発行は、NPO法人ビッグイシュー基金。ホームレスが路上で販売する雑誌『ビッグイシュー日本』の販売者に20歳代、30歳代の若者が増えているということに危機感を覚えたビッグイシュー基金が、40歳未満のホームレス50人を対象にヒアリングを実施、その内容をまとめ、解決に向けた具体的な方策を提言したのが、この『白書』である。

この冊子を読んで見えてくるのは、若者ホームレスという“問題”が、決して他人事ではなく、この社会で生きる全ての人と密接に関わっているということだ。

若者ホームレスというのは、決して遠い世界の特殊な現象ではない。彼らが置かれている状況は確かに過酷で極端なものであり、ひとつの“極北”といっても過言ではないだろう。

しかし、彼らがホームレスになってしまった理由、要因の一つ一つは、私たちにとってとても身近なものばかりなのだ。

ホームレスになってしまうまでの過程、境遇は、人それぞれである。だが多くのケースに共通して言えるのは、平穏な日常から突如としてホームレスになってしまうのではなく、いくつかの段階を経て、その最終段階としてホームレスに行き着くということだ。

リストラや派遣切り、勤め先の倒産、不慮の事故や心身の不調による退職……。

何らかの理由で職を失ってしまった若者。すぐに再就職できればいいが、質・量ともに雇用の悪化が進むなかで、安定した職に就くのは難しい。短期のアルバイトなどの不安定な雇用で食いつなぐものの、次第に家賃や生活費を捻出できなくなってゆき、ネットカフェ難民を経て、やがて路上へ。

戻れる実家があればよいが、ホームレスの多くは、頼れる家族を失ってしまっていることが多い。養護施設の出身であったり、両親と死別していたり、修復できないほど家族関係が悪化してしまっていたり。

貧困家庭で育った人の割合も高く、実家に経済的な援助を依頼できないことが多い。

また、若者ホームレスたちは相対的に見て、学歴が低い傾向がある。『白書』の調査結果によると、実に4割が、中卒(含高校中退)だという。当然、就職は不利になり、安定した雇用に就くのは難しくなる。

そしてアルバイトや派遣労働ではスキルも身に付かず、一度そこに身を投じてしまうと、抜け出すのは難しくなる。それが分かってはいても、とにかく明日の食費を稼がなければならないため、不安や不満を抱えつつも、単純労働に勤しむしかない。

また、過酷で展望のない環境に身を置き続けることは、精神の不調にもつながる。若者ホームレスの中には、抑うつ状態にある人も少なくない。自己肯定感の低さは、就労や自立に向けた意欲や積極性を奪う。

そしてこれらの要素は、互いに影響し合い、複合的に絡み合っている。

フリーター生活が長引けば、家族との確執は深まり、家族関係の断絶につながりかねない。頼れる実家がなければ、生活は自転車操業にならざるを得ず、長期的な視点で行動することが難しくなる。

食いつなぐために職を転々とするが、転職を繰り返せば繰り返すほど、雇用条件は悪くなる。日々の労働に忙しいし、そのような境遇にあることに引け目を感じてしまうため、少しずつ友人との関係が疎遠になっていく。

家族以外の人間関係も失ってしまう。孤立が深まることで、視野は狭くなっていき、自己肯定感も低下していく。自信を失うことで、状況を打開しようという意欲も、希望も、奪われていく……。

このようなスパイラルに陥り、どうにもならなくなったとき、ホームレスという現象は生まれる。
ここまで悪条件が重なってしまうことは、珍しいかもしれない。

事実、多くの人は、それぞれに様々な課題を抱えつつも、ホームレスになることなく日々を暮らしている。

だが、一つ一つの要素は、決して珍しいものではない。教育格差による貧困の再生産、家族の不和、就職難、不安定な雇用、キャリアアップできない就労環境、職場と家以外に居場所のない状態、メンタル不全、低い自己肯定感……。自分や家族、友人に当てはまるものが、一つぐらいはあると思う。

『白書』では、若者ホームレスを生む土壌、予備軍として、ひきこもり70万人、ニート63万人、フリーター178万人、あわせて300万人以上の若者が存在していると指摘している。

誰もがホームレスになりうる、とまでは言わない。しかし、若者ホームレスという問題は決して別世界の出来事ではなく、私たちの日常の延長線上に存在するのだ。

どうですか?

何か、「稼ぐ」とか「売る」とか「働く」と言う構造のようなものが大きく変わってしまったと思います。

それに、中学や高校の授業が対応出来ていない。

それが1つです。

もう1つは新たな構造の会社が生まれたと言う事です。

いわゆる「IT企業」です。

人を使わないでインターネット特有の「レバレッジ」をきかせて短期間に大きな収益をあげます。

残念ながらパソコンスキルがあって、これらの企業で働ける人は大きな収入を得やすくなります。

これを行う個人事業主も増えました。

企業の経営意匠によって大きくリスクに差がある。

これが2つ目です。

普通のサラリーマンであれば、収入が無くなって1ケ月過ぎたら相当きついはずです。それが3ケ月となると頼る人がいなければホームレスになる可能性もあります。

日本人にとって「稼ぐ」ってあまり良い言葉ではありません。

終身雇用、年功序列が壊れた今であれば「稼ぐ」って言う概念は物凄く大事だと思います。

ワード、エクセルが出来るでなく、WEBマーケティングが出来るようになれば、職場は無限にあるはずですし、起業も出来ます。

それは、日本人は「稼ぐ」「売る」が苦手な人種だからです。

受験の為の勉強でなく、働く為の勉強が良い状態の時に保険として学生時代もサラリーマン時代も出来たらと思います。


kazuhiko ono
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「オノカズブログ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう