”目の動き”で相手の気持ち、深層心理が分かる。使える心理学マニュアル。

シェアする

女子 目

「目は口ほどにものをいう」と言いますが目の動きで相手の心理って分かります。

自分から相手をみて※

<アイアクセシングキュー>
※人は脳が働いているとき、それが目に出てしまうといわれています。これを神経言語プログラミングの観点から分析し、活用したテクニック

上に動く…無心
右上に動く…過去の視覚情報を思い出している。思い出や体験などを振り返っている。
左上に動く…見たことのないものを想像している。空想や、自分なりの解釈をしている。
右下に動く…自己との対話をしている。自分が言ったことや聞いたことを思い出している。
左下に動く…五感で記憶している情報へアクセスしている。スポーツの体験や味覚など。
下に動く…罪悪感や、服従を感じている。

少し実践的な活用法をお伝えしておきます。

日常のどのような場面で活用できるのか、実践的な方法を説明します。

相手が嘘をついていないか見極める

話をしていて、相手の目線が左右のどちらに動くかで、その人が真実を話しているのか、嘘を吐こうとしているのかが分かります。

質問にもよりますが、たとえば、「週末、何をしていたか?」と聞いた時に、「本を読んでいた」と相手が答えたとします。

「どんな本を読んでいたのか?」という質問に対して、相手の目線が左側に動いたら、読んだ内容を思い出そうと、「過去」のことに思いを巡らせている証拠です。

しかし、その相手は、実際には読書をしていなかったとします。

本を読んでいたと嘘を吐いた場合は、読んだこともない架空の物語を思い描こうとすることでしょう。

それは、その人にとって「読んだ」という経験がない未知の世界であり、未来を思い描いている状態と等しくなるのです。

ビジネスで、相手の印象に残るプレゼンをする

瞳の動きが上に動きやすい人は、視覚を頼りにしている傾向が強いので、視覚に訴える資料を作成すると、円滑な取引の手段として有効です。

瞳の向きが上下には向かず左右に寄りやすい人は、聴覚を大切にしている人が多いので、直接会話をしてプレゼンなどをすると、記憶に残りやすいでしょう。

また、瞳が下に向きやすいひとは、体感を重視している傾向があるので、プレゼンする商品を実際に渡して、食べたり触ったりしてもらうことで、味覚や触覚に訴えていくのも、有効な手段です。

相手の目の動きチェックしてみて下さい。

恋愛で活かすには?

上記の視線心理を恋愛に活かすと、このようなアプローチがあります。

・視線を上に動かすことが多い

→色や風景など、視覚を刺激する話をしてみてください。例えば旅行の話など。

・視線を左右に動かすことが多い

→音楽や音など、聴覚を刺激する話をしてみてください。例えば好きなアーティスト歌手の話など。

・視線を下に動かすことが多い

→熱さや重さなど、触覚(感触)を表す話をしてみてください。例えばマッサージの話など。

こんな対応が出来ると相手からは相当に印象が良くなるはずです。

kazuhiko ono
現在トップ飲食チェーンに創業の頃に入社して社長側近で20歳代で人の教育と現場の責任者を行う。部下数は27歳で5,000人を超えていた。

上場前に30歳で独立して皆さんのよく知る大手チェーン、道路、鉄道インフラ店舗コンサルティング、公的機関、海外飲食店舗、個人店まで幅広くコンサルをする。

セミナー本数は3,000本を超える。

現在

第一線で25年間やってきたコンサルティングの仕事を辞めて、「豊かな人生の生き方」を提案して活動している。

コーチ、経営意匠プランナー、エデュケーター、イラストレーター、旅人、ブルベイスト、パワーブロガー、人事スペシャリスト、スマイルメーカー、投資家、ourboat主宰、トップBC主宰、心と身体の音響調律イーマ調律師、健康研究家 様々な顔を持つ。

教授した人間は30,000人を超えている。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう