小学生女子が作文を読み始めると授業参観に来た親達はシーンとなった!魂のメッセージが…

シェアする

勉強

スポンサーリンク

子供は大人をしっかり見ている!小学生女子の魂のメッセージが教室に響く!

「モンスターペアレント」、「過保護」と言う言葉がニュースを賑わす。

私が子供の頃、総理大臣、先生、大人は偉かった!

今はどうなのだろう?

ある私立小学校の授業参観の日…

例に違わず、過保護すぎる親達が参加していた。

この教室では先生に指名された児童が順に作文を読んでいた。

そんな中…

子供を褒める親

教室の清掃具合にケチをつける親

どの大人たちも子供が発表しているのにざわついている。

先生も苦笑いするのが精一杯。

そんな中、一人の女子児童が挙手をする。

あたりはシーンとなり、この女子児童に目が集中する。

この作文の題材は….

『家族への想い』

そして、女子児童の作文の題は…

『信じあうこと』

その作文を堂々と読み上げた…

『信じあうこと』

私は家族が大好きです。

家族も私の事が大好きです。

でも、たまに悲しい気持ちになることがあります。

私の家族は、いきすぎだと思うほど、私のことを心配します。

この前、私は◯子ちゃんとケンカをしました。

私は、◯子ちゃんにいやなことをさせられました。

でも、私も◯子ちゃんにいやなことをしたと思い、仲直りをしたいと考えていました。

その時に、お母さんは私に、あなたはわるくないと言いました。◯子ちゃんがわるいんだから、あやまらなくていいのよ、と言いました。

とてもびっくりしました。

なんで、私もわるいのに、私はあやまらなくていいのかなって、そのときに思いました。

お母さんは、もしかしたら、私のことを信じていないのかもしれない、と思いました。

お母さんは、『自分の子供』ということを信じているだけで、『自分の子供だから』という理由だけで、私はわるくないと言っているんじゃないかな、と思いました。

そのとき、とても悲しくなりました。

お母さんは、私という人間のことを信じてくれているのかな、と心配になったのです。

私はお母さんの子供だけど、私というひとりの人間でもあります。

その私という人間を、ちゃんと見てくれて、知ろうとしてくれて、信じてくれているのかなって、思う時があります。

最近、テレビで、モンスターペアレントという、子供のためにいっぱい怒る人が増えているという話をみました。

それを見て、この作文を書こうと思いました。

きっとそういう人が増えているのは、きっと子供自身を信じるんじゃなくて、『自分が育てた子供』という、育てたこと自体を信じているんじゃないかなって、思いました。

似ているようで、すごく違うことの様に感じるのは、私だけではないのではないでしょうか。

私は、家族が大好きです。

だからこそ、家族には、もっともっと、私のことを信じてほしいと思います。

信じあうことができたら、きっともっと仲良く、もっと笑顔いっぱいで一緒にいれるんじゃないかなって思います。

私も、もっとしっかりして、勉強もたくさんがんばります。

だから、これからも、私のことをたくさん信じてください。

私は、かならず家族みんなの自慢の娘になります。

作文の発表中から、空気が静まり返る感覚がありました。

発表後、授業参観にきていた親たちは、誰も言葉を発する事がありませんでした。

でも、少し間ができてから、先生は大きな拍手をしました。

つられる様に、親たちも大きな大きな拍手をします。

発表した女の子のお母さんは、授業参観後に、自身の振る舞いに対して、謝罪をしにいったとの事です。

間違いなく、女の子の発表が、親たちの意識を変えた瞬間でした。

この話は、最近教師を退職した方が、一番印象に残っている話として、寄稿してくれたお話です。

子供は、大人が思っている以上に、敏感に、大人のことを見てくれているのかもしれません。

どんな親も子供が生まれた時なんかは「ただ健康に育ってくれれば良い」って皆思うはず。

でも…

<チャンスですよ!>
まだの方は急いで下さい。1日も早く知った方が絶対に得な記事アップしています。「2ケ月で4.7倍になった!?飲食店の売上の上げ方」無料メールマガジン 小野和彦著

http://mm.little-lion.com

kazuhiko ono
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「オノカズブログ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう