『死ぬ前に語られる後悔』病床の患者から看護師が聞いた!ベスト5 オノカズブログ

シェアする

nasu

スポンサーリンク

人間って頑張って後悔しないように生きるんですが死ぬ前になると後悔が出てくるようです!

皆さんは何を感じますか? 意外に皆さん同じような話をするようです。

真実なのかな?

自分自身に忠実に生きれば良かった

1
「他人に望まれるように」ではなく「自分らしく生きれば良かった」という後悔。

これがもっとも多いそうです。

人生の終わりに達成できなかった夢がたくさんあったことに患者たちは気づくのだそうです。

ああしておけばよかったという気持ちを抱えたまま世を去らなければならないことに人は強く無念を感じるようです。
  

あんなに一生懸命働かなくても良かった

2
男性の多くがこの後悔をするとのこと。

仕事に時間を費やしすぎずもっと家族と一緒に過ごせば良かったと感じるのだそうです。

もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった

3
世間でうまくやっていくために感情を殺していた結果可もなく不可もない存在で終わってしまったという無念が最後に訪れるようです。

友人関係を続けていれば良かった

4
人生最後の数週間に人は友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。

そして、連絡が途絶えてしまったかつての友達に想いを馳せるのだとか。

もっと友達との関係を大切にしておくべきだったという後悔を覚えるようです。

自分をもっと幸せにしてあげればよかった

5
「幸福は自分で選ぶもの」だと気づいていない人がとても多いと指摘しています。

旧習やパターンに絡めとられた人生を「快適」と思ってしまったこと。

変化を無意識に恐れ「選択」を避けていた人生に気づき悔いを抱えたまま世を去っていく人が多いようです。
  

以上、どれも重く響く内容ですね。

なんか自由に生きたいと言う気持ちはあっても真面目な人ほど、いろんな事に拘束されて生きているのかも知れません。

つまり、「不自由」なんです。

『最近の10年で何か得た事はありますか?』

こんな質問を私は周りの人にします。

殆どの方の答えは…

『あっと言う間の10年でした….』

確かに10年って直ぐに経ちます。

私も後悔すると思います。ただし、「濃い一日」をおくりたいと思って生きてきました。

ちゃんと頑張りたいと思いました。

出逢った人は大事にしないとダメだと思いました。

いろいろ考えてみようと思いました。

皆さんはどうしますか?

kazuhiko ono
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「オノカズブログ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク

シェアする

フォローする