笑顔でいると、笑っていると、どんな良い事があるのか?まとめてみた! 意外な結果

シェアする

笑顔

スポンサーリンク

笑う門には福来たる!なんていいますが本当なのでしょうか?ちょっと調べてみました。

笑っての効能ってあるのか?

笑うことによって
①脳が刺激され、それが神経へ伝わる。
②神経ペプチドという免疫機能活性ホルモンが分泌。
③神経ペプチドと結びつき、白血球の一つであるリンパ球でがん細胞や細菌に感染した細胞を死滅させ、がん細胞の殺し屋として有名なナチュラルキラー細胞が活性化される。
④モルヒネの数倍もの鎮痛作用と快感作用のあるベータエンドルフィンなどのホルモンも大量分泌。

これらのことにより笑うことによって身体が活性化され、免疫力がアップすると言えます。
つまり、免疫コントロール、自己治癒力の向上がなされていると思われます。
脳から出るホルモンが生き方を変えるということでベストセラーになった、春山茂雄著『脳内革命』にもベータエンドルフィンの鎮痛効果以外の、老化を防止し、自然治癒力を高める効果が記載されています。

さらにこの笑いは腹式呼吸による効果も期待できるのです。腹式呼吸は副交感神経の働きを助けて自律神経を整えます。
笑うと横隔膜を鍛えることが出来るので、肺の強化につながります。

笑いの効能
グループでのお腹からの笑いは私たちの身体に短期、そして長期にわたり、多大な効果をもたらします。

抗ストレス効果

ストレスに関連するホルモンや、神経伝達物質を減少させることで、ストレスの影響を軽 減します(これらの効果は瞬間的に起こり長く続きます)。

近年私たちはインドのバンガロールの50人のIT企業従事者に対して研究を行い、ラフターヨガの セッション後には唾液中のストレスホルモン(コルチゾール)のレベルが大きく減少することを発見しました。

ストレス喚起の仕組み:ストレスは、浅く早い呼吸の結果、血液中の二酸化炭素の量が増えることによっても発生します。

横隔膜を使い、深く呼吸することで、自律神経系の副交感神経が刺激されます。副交感神経神経の刺激とは、交感神経が刺激され、ストレスが喚起することの逆の現象です。

良いホルモン

エンドルフィンを分泌します。これらの自分自身で生産される脳内麻薬は、科学的にも愛 情や絆に関するメッセージをもたらすことが証明されています。そして鎮痛作用に加え、いたわりや許しの感情をも刺激するのです。

それらは心に肯定的な状態 を作り出し楽観性や自信そして自己価値の感情を促進させるのです。

免疫系

瞬時に私たちの免疫系を強化します。まず、抗ウィルス、抗感染細胞のレベルを上げま す。それらはガン細胞とも戦うのです。笑いはまた免疫グロブリンA(IgA)のレベルをも増加させます。それは、風邪や咳などのウィルス性の感染を防御 し、身体の最初の防御機構として働きます。

Lee S Berk リー・バーク(Clinical Research 1989)は、笑いがいくつかのストレスに関連するホルモンを減少させ、ナチュラルキラー細胞の活動(NK細胞は私たちをガンから守っています)を調整す る可能性について発見しました。

LabottもBerkの発見を支持し(Journal of Behavioral Medicine, 1990)、笑いは免疫系を強化すると結論づけています。カナダのウォータールー大学の研究でも(よく知られた学術論文です)笑いは免疫グロブリンAや免 疫グロブリンGのレベルを増加させます。

ノーマンカズンズ(Prevention March 1998)もまた笑いは疾病に対しての鎮痛剤として作用すると述べています。

酸素と有酸素運動

心臓や身体全体に十分な効果をもたらします。心拍数は1分間の心からの笑いによって 上昇し、エクササイズマシンの10分間の運動に匹敵します。

ウイリアム・フライ博士は笑いはとても良い有酸素運動であると述べています。彼は、1 分間の笑いは10分間のボート漕ぎもしくはジョギングに相当すると言っています。

ロイド(Journal of General Psychology,1938)は、笑いは深く息を吸うことと吐くことの組み合わせであり、それは十分な換気を引き起こし、素晴らしい休息と開放となる ことを示しました。

血液循環の促進

笑うことは、内なるジョギングのような効果があり、代謝やリンパ系に対して血液循環を 刺激、促進します。私たちの身体や器官を洗浄するために血液循環を促進し、体内に溜まっていた老廃物を 最大限の能力で除去できるようにします。

循環が良 くなると顔も洗浄され老化を防ぎ輝きが得られます。多くのお年寄りが若返ったようだと自信を持ったと語っています。

心の知能指数(EQ)

子どもの時の社会的な遊びは、社会的なスキルと心の知能指数(Emotional Intelligence Quotient)を発達させる鍵になります。この遊びが充分でないと、社会的なスキルが不足し、精神的、感情的、また身体的にも長く問題を抱えることになります。

笑いは、子どものような遊び心の発達を促します。新しい調査の中には、遊び心のある大人は、社会的なスキルを学び続け、心の知能指数(EQ)を 高めることを示すものがあります。

カタルシスと感情の開放

感情の自由な流れを強めることで、笑いは私たちの身体の中に溜まっていた感情を開放さ せます。

抑圧された感情は身体的、精神的そして感情的な問題の進行を引き起こし、それらを開放することは人生を変化させることに繋がります。

笑いは感情の 開放とカタルシスを生み出すための良い方法です。

社会的繋がりを向上

脳内のミラーニューロンの働きにより、コミュニケーションをとる相手と感情を共有することができます。笑っている人と一緒にいると、簡単に笑えることを体験するでしょう。

アイコンタクトをしながら笑うことで、ミラーニューロンが、よりお互いを笑いやすくし くれます。

この効果が、血行を良くし、ホルモンやペプチド神経を増やし、ストレスを軽減させます。

どれくらい社会的な交流をするかが、心身の健康状態や寿 命などに直接影響します。

ラフターヨガ・クラブで笑うことにより、幸福感を得るための(食住に続く)大事な要素である、人間同士のふれ合いや関わり合いを 得ることができます。

脳が刺激されて神経へ伝わり、そこで免疫機能ホルモンが分泌されます。

白血球の一つであるリンパ球でがん細胞や細菌に感染した細胞を死滅させ、がん細胞の殺し屋として有名なナチュラルキラー細胞が活性化されます。

また、モルヒネの数倍もの鎮痛作用と快感作用のあるベーターエンドルフィンのホルモンが大量に分泌されます。

これらのことから、笑うことにより身体が活性化され、免疫力がアップするといえます。つまり、免疫コントロール、自己治癒力が向上するのです。

また、笑いは腹式呼吸による効果も期待できます。腹式呼吸は副交感神経の働きを助けて、自律神経を整えます。笑うと横隔膜を鍛えることができるので、肺の強化にもつながります。

結果的に医学会も「笑い」を治療に利用しているようです!

追伸:

慶応大学法学部卒の印刷会社社長の酒井さんの動画で事実かどうが変わりませんが笑えて勇気もらえます。

どうぞ!

現在は廃業した印刷業に復帰して精力的に「慰問活動」などを行っているようです。

kazuhiko ono
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「オノカズブログ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう