すごくわかる!生き残ったのは「強い種」ではない。「優秀な種」でもない。「変化した種」だけが生き残った。

シェアする

成長

成長するとは変化すること

成長とは変化すること。変化には「勇気」が必要です。ダーウィンも明言しています。生き残ったのは「強い種」ではない。「優秀な種」でもない。「変化した種」だけが生き残ったのだと。

変化するということは、それまでと違う状態になるということで、それを前向きに捉えれば「成長する」と言えます。少なくとも「成長」したならば「変化」したはずです。だから変化することは大切なことです。

自分を変えるとき、変化するためのコツは、「そうすることで良くなるかどうかまで考えない」ということだ。もし悪くなったとしたら、それに気づいたときにまた変えればいい。

「成長はすなわち、変化することです。」

変化するとは捨てること

何かを変えることのできる人間がいるとすれば、その人はきっと、大事なものを捨てることができる人だ。

成長するために過去の自分を捨てよう!

過去は捨てていい。
しかし、
しっかり成長に変えること。

捨てることができない人は、仕事もできません。
仕事のできない人は、何が必要で、何が不要なのかの判断力がないのです。

謙虚であること
「そうですね」ということができる

逆境であれ、順境であれ、その与えられた境涯に素直に生きることである。
謙虚の心を忘れぬことである。

謙虚さを無くしたらそこで成長は止まる

人は一人では生きて行けません。助け、助けられ進んで行くのです。そしてそこにこそ学びがあります。
その為には、謙虚さ、素直さがとても必要なのです。

謙虚で素直なら、自分もきちんと見つめることが出来ます。

「成長」って変わること。けして積み重ねるのが成長ではない。積み重ねるのはその人の軌跡に過ぎない。

「成長」って新しい事を知ること。そして、実施すること。

何だか何かを捨てて、新しい事をするってとても勇気がいる。それは「自分」では無くなりそうだから・・・

ただ、安心して欲しい。

個性って変わらない。

つまり、自分の本質は変わらない。

結果、いろんな事を知る人間になる。いろんな事をやった人間になる。

これが成長した。と言うこと。

大人になるとこの言葉言えなくなる。

「そうですね」

自分の枠を勝手に決めて、自分の可能性を勝手に決める。

これを僕は「残骸」って呼ぶ。

残骸で凝り固まった人間は「成長」しない。

kazuhiko ono
現在トップ飲食チェーンに創業の頃に入社して社長側近で20歳代で人の教育と現場の責任者を行う。部下数は27歳で5,000人を超えていた。

上場前に30歳で独立して皆さんのよく知る大手チェーン、道路、鉄道インフラ店舗コンサルティング、公的機関、海外飲食店舗、個人店まで幅広くコンサルをする。

セミナー本数は3,000本を超える。

現在

第一線で25年間やってきたコンサルティングの仕事を辞めて、「豊かな人生の生き方」を提案して活動している。

コーチ、経営意匠プランナー、エデュケーター、イラストレーター、旅人、ブルベイスト、パワーブロガー、人事スペシャリスト、スマイルメーカー、投資家、ourboat主宰、トップBC主宰、心と身体の音響調律イーマ調律師、健康研究家 様々な顔を持つ。

教授した人間は30,000人を超えている。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう