もし、あなたが働くなら「金を与える人」ではなく、「成長させてくれる人や会社」と繋がりなさい。

シェアする

人と繋がる

スポンサーリンク

働くのであれば絶対に「金を与えてくれる人」より「成長させてくれる人、会社」と繋がった方が得です。

実は当たり前の事です。特に日本人皆中流階級の時代も終わって、個人が力をつけて行かないと生きていけない時代になりました。もう会社にもぶら下がれない時代です。

そんなときに自分を振り返ると・・・稼ぐ力を本当に持っているか?

こんな事が大事になってくるんです。

実はこの話・・・前職の社長に教わりました。僕も人事教育の部署にいて採用をする立場にいたのであえて教えてくれたのかも知れません。

この社長には仕事のノウハウと言うよりも「人間」「生き方」「未来」こんな事を強く教わりました。

実は人間って学校で勉強した事や自身で勉強した事だけで生きて行くのは難しい

そんな事を多くの社会人は少なからず感じているんですが・・・会社で自分の身を守らないと厳しい時代になってきた。

だから、昔であれば先輩や上司は後輩や部下の身になっていろいろ教えてくれた。

ただ、この後輩や部下はライバルなんです。

また、地域のコミュニティの崩壊や核家族化によって更に教えてもらえない大人が多くなってきた。

だからこそ・・・大人として社会人として成長させてくれる会社って大事なのです。

なので僕は就活中の娘にも言うし、取引先であったスタッフやアルバイト学生にも言います。

どんな会社が成長させてくれるかは?社長と五分も話せば分かる

社長と会って話す機会があれば・・・この質問をして答えが素敵だったら間違いないです。

「社長はなぜこの会社をつくったのか?」

今は就職の内定をもらうのも大変な時代です。だけど、思うんです。

会社に選ばれるのではなく、選べと!

kazuhiko ono
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「オノカズブログ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう