彼氏が結婚したい女性だけにみせるサイン!意外に簡単(笑)

シェアする

br

スポンサーリンク

結婚をしたいと思う女性は増えてきているように思います。つまり、結婚したいのに”彼氏が出来ない”と言う事です。

折角、生まれてきたなら子供が欲しいと言う人もいると思いますがあんまりガッツイても良い結果が出ないかも知れません。

ただ、僕もそうですし、周りの人間に聞いてもそうですが結婚する相手って何回か会うと分かります(笑)

男性の結婚願望って瞬間しか出ない。

いつもずっと結婚願望がある男性って少ないと思います。それは基本的に働いていれば別に困らない性別だからかも知れません。

そんな瞬間に出る男性を結婚願望を見逃さないで下さい。

■1:「もし子供ができたら」と何度も言うようになる

子供の話をよくするなら、子供をもちたいと思っているサインです。男子が結婚したくなるタイミングはやはり「子供」がほしいときが多いんです。

ですが、ここで上手に駆け引きをするには彼が子供の話をしても、架空育児の話で盛り上がらないことです。

子供の話を何度も彼が持ち出してきたら、ちょっと沈黙したり迷惑そうなフリをしたりしてみて下さい。

「ひょっとして子供嫌いなの?」なんて彼が聞いてきたら、「いや、だって、結婚するかどうかもわからないのに子供の話してもねー」と言ってみましょう。

「え、じゃ、結婚しよっか?」なんて一気に結婚話になっちゃうかもしれません(笑)。

■2:「一緒に暮らしたい」と言ってくるようになる

もし彼が慎重なタイプで同棲を申し出てきたなら、結婚を視野に入れているでしょう。しかし衝動的な性格で過去にも同棲経験がある彼なら結婚まで考えていないかもしれません。

同棲を申し込まれたら彼の性格を冷静に分析してみてください。

慎重派の彼なら同棲もアリ。衝動派の彼氏なら、安易に同棲するのはオススメしません。

「結婚を前提にしないと親が許してくれないの」などと言って、彼の出方をみるのもよいでしょう。結婚前に全てを彼に与えてしまうと、結婚しようという気がなくなる男性も存在するので気をつけて。

■3:あなたに投資してくれるようになる

あなたが車を買うのを援助してくれたり、借金や学費ローンの支払いを手伝ってくれたりしたら、あなたとの未来を考えている証拠。

しかし、結婚してもお金のトラブルで離婚するカップルも多いことを忘れずに。

働かなくてもよいような家庭なら別ですが、後で「あのときに払ってやったのに……」とネチネチ責められるかもしれません。

金銭に関しては二人の中できちんとルールをつくり守っていきましょう。できるだけ借りを作らないほうが対等な夫婦関係が保てるのではないでしょうか。

出会ってすぐに「結婚」と言うと、男性に引かれちゃいますが、ある程度の期間付き合っているのであれば、彼に率直に聞いてみてもよいのでは。結婚する気のない男とダラダラと一緒にいて後悔するよりは、“付き合うのはここまで”と一線を引くのも大切かもしれませんね。

どうでした?

彼氏がいる人!参考にしてみて下さい。

結婚出来ない、彼氏が出来ない女性の大半は結婚が目的になってしまっている人です。

その前にちゃんと人を好きになったら良いと思います。

その男性が良いとか悪いとかでなく、好きになれるかだと思います。

これが出来る人は好かれるので人を好きになる事…頑張ってみて下さい。


kazuhiko ono
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「オノカズブログ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

コメントの入力は終了しました。