日本で働いている人、経営している人に対しての渾身のメッセージ 2015

シェアする

iki

なんでこんなに真面目に働いているのに収入が思うように伸びないのか?なぜ何をやっても売上が全然伸びないのか?

日本人の多くは困っています。そして貧乏になりました。

なぜか?

答えは簡単です。「売り方」が変わったのです。

世界の頭の良い人達はインターネットを利用して「売り方」を変えて行ってしまっているのです。

なので知っている人は年齢、学歴、性別、偏差値、人脈に関係なく爆発的に売っている訳です。

逆に言えば現代に即した「売り方」を学べてしまえば誰でも月額何百万円、何千万円と稼げると言う事です。

では、どうしたら売れる人間になれるか?

これから急所となる2つ要素をお伝えします。勘が良ければ3ケ月もしないうちに収入を2倍3倍にする事は自転車で30分走るよりも簡単に実現出来ます。

では、じっくり読んで下さい。

①人間は自分の事を正しいと思っている。同時に正しくないと辛くなる。

分かりますか?

僕が会ってきた多くの人も殆どそうです。これが強い人ほど売れません。同時に今は大丈夫でも売れなくなります。人間が自分の行動を決めるのは「信念」や「考え」なんです。

もし、売れていない、稼げていない、収入が少ない、減っているのであれば「正しい自分」がそうさせているんです。

人間が判断しているのは「知識」や「技術」ではなく、最終的には「信念」や「考え」なんです。

頭の中が今の時代に即した「売り方」になっていないと何をやってもダメと言う事です。

高度経済成長、内需拡大の時代は何を誰がやっても売れたと言う事です。

②勉強の仕方が変わったんです。すくなくても知らないと経営は絶対に出来ません。

もし、あなたが「売る」と言う事について20%知っていたとします。仮にがんばって自分の知識の20%の知識が増したとします。おそらく何年も経っていると思います。ただし、実際は「売る」と言う事については24%しかないし、時間が経って新しい「売る」と言う情報が増えていれば20%を切る事もあります。

つまり、日本が学校で教える勉強法である。積み重ね手法での勉強では理にかなっていないのです。

僕は運が良い事にこの感覚すごく分かるんです。

まだゼンショー(すき家)が殆どない創業の頃に入社して上場する直前まで社員の教育担当として働きました。急成長しましたので私は入社5年で店舗管理部の部長をしていました。

今ではこの会社は飲食業では日本一の売上になりました。

そこで僕が教えていた事って完全なる世界の何千店舗と言う成功事例体系のモデリングでした。

ちなみにゼンショーさんの創業時の資本金は500万円です。

社長には申し訳ありませんが、社長が個人的にこつこつ経営の勉強をしていたのでは今頃すき家は1店舗もないと思います。

他にも頭の中を整理する考えが6つあります。

ただし、この2つが強力なので頭にインプットしておいて下さい。

勿論ですが、今の自分の収入に満足している。更に生活も満足している。将来の不安もないと思う方は今までどおりのスタイルで生きて行って下さい。

たった2つの事を知っただけでも震えませんか?

それは真実だからなんです。

つまり、8つを知って成功事例を具体的に知って実施した人は確実に「豊か」になります。

同時に何でも売れます。

2015年11月15日、17日に行われる「明日の店舗経営研究会(アスケン)」の講座がXdayとなりそうです。

3つ目以降は直接伝えないと危険な内容なので直接来てくれた人だけにお伝えします。

kazuhiko ono
現在トップ飲食チェーンに創業の頃に入社して社長側近で20歳代で人の教育と現場の責任者を行う。部下数は27歳で5,000人を超えていた。

上場前に30歳で独立して皆さんのよく知る大手チェーン、道路、鉄道インフラ店舗コンサルティング、公的機関、海外飲食店舗、個人店まで幅広くコンサルをする。

セミナー本数は3,000本を超える。

現在

第一線で25年間やってきたコンサルティングの仕事を辞めて、「豊かな人生の生き方」を提案して活動している。

コーチ、経営意匠プランナー、エデュケーター、イラストレーター、旅人、ブルベイスト、パワーブロガー、人事スペシャリスト、スマイルメーカー、投資家、ourboat主宰、トップBC主宰、心と身体の音響調律イーマ調律師、健康研究家 様々な顔を持つ。

教授した人間は30,000人を超えている。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう